oneokdarockのブログ

ぴっかぴか浪人1年生です

ぬくもり

スーパーでレジに並んでいた

 

手に持っていたのは500mlのペットボトル1本のみ

 

商品名は

 

ジョージア 贅沢生クリームのカフェオレ』

 

前には2人並んでいた

 

どちらも3日分ぐらいの食材を買っている60半ばのおばあさんだった

 

日本人女性の平均寿命は80歳を超えているのでおばさんと言った方が良いのだろうか?

 

そしてレジの担当はレジ打ちが遅いことで有名なTさんだった。

 

長丁場になるな…とぼくは思った

 

ぼくは前に並んでいるおばあさん(おばさん)がカゴに入れている商品を覗いて時間を潰すことにした。

 

覗いて10秒ほど経過した。

 

僕はおばあさん(おばさん)の視線がこちら方向へ短い周期で連続して向かっているのに気づいた

 

僕はまずいと思いカゴの近くにある床を見ている風に装った。

 

なんとかバレなかったと思った矢先に声をかけられた

 

「ちょっとあなた」

 

。。。

 

終わったと思った

 

僕はこのおばあさん(おばさん)がいるレジに並んでしまった因果を恨んだ

 

地球の歴史から考えればゴミのように短い19年の僕の歴史が走馬灯のように浮かび上がってきた

 

これから先に下される罰がどのように残忍なものであるかと想像するだけで歯がガタガタ震えた。

 

しかしこの後に起こった展開は僕が思っていたものとは182度も違っていた。

 

なんとおばあさん(おばさん)は僕が商品を1つしか持っていないのに気づき、レジを譲ってくれたのである

 

予想だにしなかった展開であった故に僕の口(mouth)は呂律の回転を怠ってしまい上手く感謝の気持ちを伝えることが出来なかった

 

レジを済ませ、僕は先の貴婦人に深くお辞儀をしてイズミヤを後にした

 

 

近頃、自分の存在意義に疑問を持ち絶望し、何も考えることができず自分の存在が存在すること自体を忘れていた

 

しかし貴婦人は僕に気づかせてくれた

 

ここにあるのが僕で僕がここにあるから僕が存在するのだと…

 

 

 

 

 

 

 

 

阪大実戦

まず結果です

 

f:id:oneokdarock:20171208003005p:image

 

夏から全てを数学に捧げた結果、数学は上がらないうえに他科目も伸びないという絶望的な結果となってしまいました。

 

f:id:oneokdarock:20171208005128p:image

 

判定はCでしたがこれから現役生は理科を伸ばしてきますし、英数でディスアドを背負ってますので阪大出願は厳しいです。(最初から出願予定はなかったですが…)

 

 

これからの方針

数学はほどほどに

英語は毎日触れる機会を作り現役時の英語力を取り戻す

 

 

とりあえずセンターまであと1ヶ月ほどなので国社モリモリでやっていきたいと思います

 

がんばりましょう

 

 

 

形相

授業終わりに講師がぼくの顔をじっと見ていた

 

なんだと思って見返した。

 

すると

 

「君は恐ろしい顔をしている、怖い」

 

と言われた

 

◯すぞ😡💢

切り替え

12月に入ったのでこれからセンター過去問の点数をつけていきたい。

 

1年分やるのにまとまった時間は取れないと思うので分野毎とか大問ごとに記録していきたい。(やる気があれば)

 

まず今回は夏にやってなかった校内マークの倫理政経の倫理の部分。

 

38/50

 

社会に本腰を入れてから5日目。

 

良くも悪くもない。本番で9割を取りに行きたい

僕の妹は頭が悪い

 

僕には中学生の妹と小2の妹との2人がいる

 

頭が悪いのは小2のほうだ

 

この妹学校で九九をやっているのだが全く出来ない

 

何の段までできるの?と聞いてみると

 

各段に1をかけたものしか覚えていないらしい

 

九九を横に覚えていくスタイルは初めてみた

 

まあやってることは同じだけど…

 

どうしてこんなに頭が悪いのか…

 

その上、妹はそろばん教室に通っている

 

試しにそろばんを使って問題を解いてもらったのだが…

 

なんと!!

 

指を使って計算し始めたのだ!

 

なんと!!

 

そろばんの意味なし!

 

しかもそのそろばんの問題集には割り算の問題も入っていた

 

掛け算もできないのに割り算が出来るわけがない…

 

親はそんな妹に何をするわけでもなくスマホを渡して放置。

 

僕がなんとかしなければ

 

 

その拳に義務はあるか…

僕たちは無力だ

 

どれだけ知識を蓄えようとも

 

銃を持った頭のイカれたおっさんに撃たれたら即死する

 

これまでやってきたことが全て無になる

 

僕らはそういうことを忘れている

 

僕たちが今やるべきことは何か考えてみよう

 

知恵とか健康とか富とかを得ることじゃない

 

力を必要としているんだ

 

力 is power

 

僕たちは自分を守る「義務」がある

 

そのために僕たちは「拳」で抵抗するのだ

ごはんに合うオカズ

ぼくは浪人生

 

家族でのヒエラルキー最下層

 

ゴミ同然

 

ご飯を食べる時間も違う

 

いつも1人で食べている

 

1人で食べている最中

 

ぼく以外の人はテレビを見ていた

 

内容は医療系のドラマ

 

応急処置とか手術とかで血がいっぱい

 

骨をゴリゴリ

 

血がぷしゅ〜ぷわ〜

 

それを見ながらぼくはご飯を食べる

 

美味しいなあ(涙)

 

ぼくが文句は言えない

 

何故ならぼくはヒエラルキー最下層

 

チャンネル権は民主主義がモットー

 

ううう